> 年収200万の借入限度額は小口になる

年収200万の借入限度額は小口になる

毎月15万から20万ほどの収入で年収200万ほど稼いでいる人がお金を借りる場合
キャッシングにおける借入限度額は小口になることが多いので覚えておきましょう。

借入限度額の目安としては100万以下になることが多く100万以上借りることは難しくなってきます。
総量規制から見ると200の3分の1は約65であり大体やはり50万ほどの借入限度額になることは多いでしょう。

銀行なら規制が無いのでそれ以上の借入は可能ですが、
それでも100万以上借りることは難しくなります。

限度額は年収が大切

キャッシングの借入限度額というのは年収がかなり大切でありそれによって金額が決まってきます。もちろん、これに加えて申込時に借金があるかどうか又は信用に問題はないかどうかなどもチェックされるので全ての状態が良好だとして小口融資を受けることができるというラインです。

年収が200万の場合に小口融資になってしまうことを残念に思う人がいると思いますが、
それは少し考え方が間違っているところがあります。

限度額内でうまくやりくり

基本的にキャッシングというのは、自分が無理なく返済することができるだけの
借入限度額を持つことが理想であり、その限度額の範囲で
うまくやりくりすることがポイントなのです。

逆に自分の収入を超える金額を借りれたとしても、
その返済は想像するだけでかなり厳しいことが分ります。

返済というのは本当に大変であり、時間がかかるほど利息も大きくなりますし、
自分の収入を自由に使えなくなります。

それぞれの収入に見合った範囲での借り入れを行った上で、
しっかりと返済をすることを基本として、計画的にやりくりするのが
賢い利用方法であるといえるでしょう。